ルールは簡単!ポーカーを始めるべきオススメの理由3選

今日はポーカー、その中でも特にテキサスホールデムのルールと魅力について紹介します。

ルールを覚えると意外に簡単です。

 

1.ポーカーとは

 

ポーカーについて、みなさん名前は聞いたことがあるという方がほとんどではないでしょうか。

ポーカーはトランプを使ったゲームです。

カジノでお金を掛けて行うことが多く、日本ではギャンブルとして扱われることが多いです。

 

でもポーカーを実際にできますという日本の方は少ないかもしれません。

それもそのはず、日本ではまだまだ伸びしろがあるゲームだからです。

全世界で競技人口が1億人以上いるともいわれている。

(中略)国内最大規模の競技ポーカー大会を開催するジャパンオープンポーカーツアー株式会社・代表取締役の宮田達宗さんが解説する。

「テキサス・ホールデムのポーカーが日本で広がり始めたのは2003年頃からで、2007年には初めての競技大会が開催されました。ウェブと相性のいいポーカーは、関連のネットゲームやスマホアプリの普及に伴い、プレイヤー数もさらに増えていくでしょう。国内の遊戯経験者は現在少なくとも50万人はいると推計されます」

マネーポストWEBより参照

 

世界ではかなりの方がプレーしているけれども(1億人というと日本の人口に匹敵しますね)、日本では50万人とのこと。

パチンコでは2018年には以前より少なくなったといっても950万人、競馬では1億8000万人ほどと、その少なさが分かります。

オンカジより参照

 

日本ではまだプレーヤー人口に伸びしろがあるポーカーですが、

グローバル化と言われる現代で、日本人でもポーカーが出来ると外国の方からも一目置かれるかもしれません。

そんなポーカーの魅力について書いていきます。

 

2.ルールについて(テキサスホールデム)

 

では早速ルールを見てみましょう。

ポーカーはトランプを使うゲームです。

使用するものはお金を掛ける場合はチップがあったり、プレーヤーの順番を決めるためのディーラーボタンなどで、それらはカジノでは用意されていますが、チップなどがなくてもトランプがあればできます。

 

ポーカーには実はいくつかのルールがあるのですが、

今回は最もメジャーな、アメリカで生まれたテキサスホールデムというルールについて解説していきます。

これさえ覚えればポーカーができます。

 

ルールは、簡単に言ってしまうと、

強い役を揃えて、心理戦も使って最後まで残れば勝ち

というものです。

 

まず、について。

これはカードの組み合わせのことです。

ポーカーでは自分の手持ちの2枚のカードと、目の前の3~5枚のカードの組み合わせで強い役を作っていくことになります。以下の役があります。

<手役比較のルール>
・手役(強い順)

ロイヤルストレートフラッシュ
ストレートフラッシュ
フォーカード
フルハウス
フラッシュ
ストレート
スリーカード
ツーペア
ワンペア
ノーハンド
・カードの数位は”A”(エース)が最も強く、以下”K, Q, J, 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2”の順となる。
・ストレートで”A”(エース)を使う場合は、”2” もしくは ”K”(キング)のいずれかにしか使えない。
・カードのスーツ(柄)によるランク付けは行わない。手役を構成するカードの数位を基準とする。
・ツーペア同士の勝敗は ”高ランクのペア” → ”低ランクのペア” → ”余った一枚” の順で決める。

Bright,Inc.より引用

 

この役を、他のプレーヤーより強く作れているかどうかを考えながら、回を進めていくことになります。

 

さて、詳しく流れを見ていきます。

①プレーヤーに裏返しで2枚ずつカードが配られる。

決められた順番通りに回が回ってきますが、その手札を見て、このカードで勝てると思ったら続行、勝てないと思ったら降りることができます。

②ディーラー(いなければプレーヤーで行っても可)は、プレーヤーの前に表向きで3枚のカードを置きます。

自分の順番が回ってきたら、またその段階で続行するか、降りることを決めます。

③ディーラーは4枚目のカードを、プレーヤーの表向きに出します。

プレーヤーは先ほどと同じように判断。

最後にディーラーが5枚目のカードを出し、1周して最後まで残ったプレーヤーの勝ちになります。今まで降りたプレーヤーのチップをすべて獲得することができます。

Bright,Inc.より参照

 

ちなみに、自分の番で行うのは以下の3種類あります。

専門用語を覚えてカジノで使えるとかっこいいです。

・コール:最後の人が出した掛け金以上のチップになるようにチップを出して、次の人へ回す。

・チェック:(最後の人が出した掛け金分のチップをすでに出している場合)、何もせず次の人へ回す。

・レイズ:最後の人が出した掛け金の2倍以上の金額になるようにチップを上乗せして、次の人へ回す。

・フォールド:ゲームを降りて、次の人へ回す。(この時点で自分の負けが確定します)

 

カードが出ていない状態から、3~5枚出ていく間に自分が降りなければ勝ちです。

自分の役が弱くても強く見せかけて、他のプレーヤーを降りさせて自分が最後まで残れば自分の勝ちとなります。これをブラフといい、戦術の1つです。

つまり運が悪くても上手くいけば勝ててしまうわけです。

ここにポーカーが運だけではない面白さがあります。

 

3.ポーカーがおすすめな理由3選

 

いろいろなギャンブルの中でも、ポーカーをお勧めしたいのは以下の理由があります。

大まかにお伝えすると「簡単だから」です。

 

①どこでもできる

ポーカーは、カジノで出来るのですが、ほとんどのカジノは21歳以上で入場可。

でも、ルールはシンプルで覚えればトランプとチップがあれば家でもできます。子どもでもできます。

そして、初めは不安な方は掛けなくてもOK。最近では、掛け金無しで遊べるところもあったり、オンラインで楽しむこともできます。

 

他のギャンブル、例えばパチンコだとパチンコ店に行く必要がありますし、

競馬は競馬のレースがある必要があります。

それが醍醐味だということもできますが、ポーカーが気軽にどこでもできるのはメリットの1つです。

 

②人と一緒に楽しめる

ポーカーは対戦型のゲームなので、仲がいい友達とも、はじめましての人ともゲームができます。

人とするので心理戦を楽しめるのも面白いです。

パチンコや競馬とは違って、誰と一緒にプレーするかで内容が変わってくるので、そこが面白い要素です。

 

③実力勝負。でも運でも勝てるかも

ギャンブルというと、確率的にそもそも勝てない(稼げない)仕組みになっているのではないかという不安を持たれる方もいらっしゃるでしょう。

でもポーカーは人が相手なので、心理戦を制すれば運が悪くても勝てる可能性はあります。これは、さきほどのルールのところで説明した、ブラフの話です。

逆に初心者で慣れていなくても、いいカードが出れば運で勝てることもあります。

つまり、初心者でもプロに勝ててしまうこともあるわけです。

そのため誰でも遊べるゲームになっていますね。

 

 

4.まとめ

 

ポーカーと、そのルールを簡単に説明させていただきました。

思っていたより簡単ではなかったでしょうか。

これだけ気軽にできるゲームなら、世界中で人気を集めているのも、うなづけます。

興味を持たれた方は、まずやってみましょう。

プレーすることでどんどん習得していって、楽しんでいただければ幸いです。

 

 

最新情報をチェックしよう!
>最高のギャンブル「競馬3連単」

最高のギャンブル「競馬3連単」

本当にギャンブル好きのための日本一のポータルサイトにしたいと思っています。些細なことでも気が付いたのであればご連絡いただけるとありがいたです。

CTR IMG